【ホステルジルの非公式BLOG】

白樺湖周辺の宿泊は格安のホステルジル!今年も大好評のBBQプラン販売中!

*

バングラデシュ

   

LINEで送る

ホステルジルです。

以前までブログの更新を続けるために何も書くことがなかった時に記していた旅先紹介。

最近はブログへの熱も薄れつつあって、というか完全に忘れていましたが、お客さんで見てくれていた人がいたようで、もうちょっと頻繁に更新しようかな~と思い立ちました。

なので今日は久しぶりの旅先、バングラデシュでしゅ。

バングラデシュといえば南アジアに位置していてネパールとインドの隣の国です。インドやネパールは観光客も多くて大体が外国人観光客が集まる安宿街みたいな通りがあったりしますが、バングラデシュでは見つけられなかったです。

というよりも当時はずーっと海外を転々としていたのでガイドブックを持っていなかったので見つからなかったのかもしれませんが、そもそも外国人を一度しか見ませんでした。その一度もマクドナルドに行ったときでしたが、僕のような薄汚れた浮浪者のような出で立ちではなくビシッとした西洋のビジネスマンが現地の企業と商談していたような感じだったので、知る由もないと思って声すらかけませんでしたね。

首都はダッカ。世界最貧国の一つ。
17322371_2234453305_29large

17322371_1125183253_58large

日本の40%ほどの国土に1億6000万人ほどの人口と言われますが、実際の数は実は2億はいるんじゃないかと言われています。外国人をあまり見慣れていないからか歩きながらふと後ろを振り向くと20人位がついてきてたりします。ちょっとした芸能人気分です。

17322371_1125183149_24large

17322371_1125183191_116large

上の二枚はダッカのスラム街です。普通に遊んでますが普通に電車も現役で通ります。

スラム街に限らずお金のない国に生まれた人達の多くは家族がその日生きてくためのお金を目的に日々生きてます。会社員なんてほとんどいません。皆その日暮らしの自営業で皆明るいんです。

僕は思いました。自営業は世の中を明るくするんや!金でも野心でも何でもいい、希望を持つんやで!

images (6)

何事も組織化されすぎてるこの国の大企業信仰が薄まりますように。

 - 旅先紹介