【ホステルジルの非公式BLOG】

白樺湖周辺のご宿泊ならホステルジル!スキーやボードのレンタルは1日500円!

*

フィリピン【マニラ&パラワン島】

   

LINEで送る

こんにちわ、ホステルジル竹森です。

先日まで約2週間の休館期間を頂きフィリピンに行ってきました。11月は一年で一番お客さんの少ない月なので航空券を探していたら往復コミコミ14,000円のセールがAirasiaから出ていたので格安で旅行しています。予算は半月で渡航費含め一人8万に設定していましたが、結構余りました。LCC(格安航空会社)のおかげでほんの10年前では考えられない位外国が身近になりましたね。

海外旅行が贅沢な時代は終わった感じです。ただ日本で普通に会社に勤めていたらお金はあっても時間がないことが問題というか改善していきたい部分ですね。旅行に寛容な社会の促進にホステルジルも微力ですが努めていきたいと思います。

今回はマニラから飛行機でパラワン島プエルトプリンセサ➡バスでパラワン島エルニドと移動は控えめな旅程です。 マニラは人生で二度目でしたが、昔泊まった宿がなくなってたり新しい建物がバンバン建ってて勢いを感じました。海外へ旅行するたびに思いますが、特に東南アジアの観光産業って凄いなと思います。現地の人の積極性だったり、楽しませ方だったり。宿も格安から超高級まで幅が広い。
dsc01198

僕は何度も同じ国に行ったりするんですが、綺麗だから、安いから、便利だからじゃなく、何度も行きたくなる国って結局人なんですよね。それも知り合いとかじゃなく、道を歩いてると気にかけてくれる人だったりしつこく付きまとう客引きだったり。現地の人と話す機会が日本で旅行してもほぼないですよね。欧米人観光客が距離的に変わらない東南アジア諸国と比べて日本に少ないのってそこだと思っています。

そんなこんなで海外旅行を年に一度はしたいな~と思っているのは宿を作っていく上でとても勉強になるからというのもあります。

マニラは約5年前、同じ時期に来たのですが、以前と比べて観光客が激増して町が見違えた感じです。
1478994933719

パラワン島にあるエルニドという村は離島巡りが有名な場所でテレビ等ではよく“最後の秘境”なんて言われますが、秘境でも何でもなく、普通に有名な観光地でした。

フィリピンは国で把握できないほど島が沢山あってもっともっと秘境感溢れる場所が沢山あります。ただ映画で見るような景色に触れたければエルニドは最適な雰囲気だと感じました。村周囲ではトライシクル(バイクに側車をつけたタクシー)でコロンコロンまではどのトライシクルでも一律50ペソで移動できました。

puffer
(トライシクルってこんなやつです)

エルニドは東側なので朝日が、隣のコロンコロンは西側にあたるエリアで高台のレストランからの夕日が綺麗な場所です。プエルトプリンセサからのバス(片道350ペソ前後:長時間)バン(片道500ペソ:短時間)はこのコロンコロンに到着するのでエルニド村までは歩くか(徒歩10分未満)トライシクルで向かいます。

個人的な過ごし方のおすすめはエルニド村メインのビーチからカヤックを借りて(半日500ペソ、1日700ペソ前後)無人島アタックです。ツアーも良いですが、本と飲み物を持って無人島で1日過ごすなんてのが良い感じですよ。

dsc01477

またエルニドから陸で行けるところだとナクパンビーチが人気です。日によっては波も荒くサーフボードを100ペソほどでレンタルして練習してみても結構楽しめました。ナクパンビーチは入場料50ペソかかりますが2日目は半額、3日目は無料になりますので入場するときにもらうチケットを持っておいた方が吉でございます。

ナクパンビーチも温泉もトライシクルだと現地での待機時間を含んだ往復料金になってしまうので、可能であればモーターバイクをレンタル(1日400~500ペソ)して行くと安上がりとなります。
dsc01143

次回の投稿でエルニドとその周辺の島々の写真をアップしたいと思います。

以下、メモです。

【ニノイアキノ空港からマラテまでの恐らく最安アクセス】
空港を出たところからジプニーを捕まえてバクララン(7ペソ/一人)バクララン駅からカリーノ駅まで電車(20ペソ/一人)カリーノから徒歩約10分でマラテのロビンソンモール到着。

【パラワン島プエルトプリンセサ空港から町中心部まで】
トライシクルで約50ペソ(要事前交渉)

【パラワン島エルニドからコロンコロン】
トライシクルで50ペソ

【今回のお宿】✳2016年11月現在1ペソ≒2.1円✳
✳料金は部屋やタイミングによって前後しますのであくまで目安として参考にしてください✳

マニラ➡wanderers guest house(一泊800ペソ/2名)
マラテ地区中心部、部屋はよくある独房スタイル。毎晩屋上でバー営業&毎週金曜はグリルナイト。共用バストイレ。目の前のレストランのラーメンが絶品。220ペソでビール6本入りのバケツが最高。屋上のみWi-Fi可。

プエルトプリンセサ➡travelight hostel(一泊500ペソ/2名)エルニドまでのエアコンバン500ペソで宿を朝発。水シャワー&ファンルーム。コーヒー無料。Wi-Fi。

エルニド村➡CYLSIK Cottage(一泊1,000ペソ/2名)
エルニド村中心部。海の目の前のコテージで海まで5メートル。ビーチ前の中で恐らく最安値。水シャワー&バスタオル。ファンルーム。Wi-Fi弱い。

エルニド村コロンコロン➡la casa teresa(一泊1800ペソ/2名)窓越しの夕日が綺麗。部屋は個人旅行慣れしてなくても満足できるレベル。朝食無料、エアコン、Wi-Fi、お湯シャワー&バスタオル付き。連泊交渉で10%安くなりました。

【飲食店】
CYRUS INN@コロンコロン➡出来たばかりのコテージ&レストラン。僕たちが初めてのお客さんだったようでよくしてくれました。夕日が一番よく眺められるレストラン。パンケーキが美味。1630~1900の間にドリンク5本飲むと一品サービス。
dsc01163

@コロンコロン➡シーフードペンネクリームソースが本格的(169ペソ)。従業員も優しく新しいのかチラッと見えたキッチンが凄く綺麗だった。

Captains diner@エルニド村➡カレカレ(ピーナッツバターカレー)とロミ(麺入りスープ)が最高。値段も良心的。

@エルニド村➡魚介類が豊富。魚を選んでその場で炭火焼きしてくれる。ガーリックバターのメニューが村で一番美味しかった。

・・・次回に続きます。

 - 旅先紹介