【ホステルジルの非公式BLOG】

白樺湖周辺のご宿泊ならホステルジル!スキーやボードのレンタルは1日500円!

*

【個人的に】宿泊料代わりに働いた疑い 外国人観光客2人逮捕【一大ニュース】 

   

LINEで送る

ホステルやゲストハウスといった素泊まりの宿を営業する身には驚くべきニュースが入ってきました。

 札幌市内のホステル(宿泊施設)で働く代わりに無料で宿泊したとして、北海道警は11日、観光客のマレーシア人の女(30)と中国人の女(19)を出入国管理法違反(資格外活動)の疑いで現行犯逮捕した。また、女2人に不法就労させたとして、道警は、ホステルの運営会社「万両」(東京都台東区)の社長の男(45)やホステル責任者の女(34)ら3人を同法違反(不法就労助長)の疑いで逮捕する方針。

道警によると、2人は11日午前、同市中央区の「カオサン札幌ファミリーホステル」で宿泊料2千円をそれぞれ免除される代わりに、無資格で館内の清掃やベッドメイキングなどをした疑いがある。2人は容疑を認め、「観光ビザで働けないと分かっていたが、現金をもらっておらず大丈夫だと思った」などと供述しているという。

同社は主に外国人向けのホステルやゲストハウスを東京や大阪など6都道府県で計13店展開。ホームページに「就労資格がなくても清掃などに従事すれば無料で宿泊できる」との内容を英語で掲載しており、道警は組織的な犯行とみている。

札幌市によると、昨年度に市内で宿泊した外国人は191万8千人で、過去最多を記録。中国、台湾、韓国などアジアの客が多くを占める。北海道労働局によると、今年8月のホテル従業員らの有効求人倍率は2・63倍と全体の1・07倍を大きく上回り、人手不足の状態となっている。
参照:朝日新聞デジタル

フリーアコモデーション(以下、フリアコ)という制度なのですが、滞在費(宿代)を負担する代わりに掃除や洗濯を1日に決まった時間働くという一部の外国ではメジャーな滞在費を抑える方法です。特に長期で旅行する人にとっては、一番に金のかかるホテル代を抑えられるので食事も自炊でただ街をブラブラしてとかするだけであれば出費を最小限に減らせるのでラッキー、事業者にとっては高い人件費を払わずに済むからラッキー!という話です。

この会社はカオサン○○という屋号で全国に展開している企業ですが私もこのカオサングループの他の店舗に何度かお世話になったこともありますし新店舗出店の噂なんかも耳には入ってきていました。観光レベルの外国人には日本の法律など知る由もないのでしょうがない感もありますが、国側の他の宿事業者へ向けた見せしめといったこともあるのでしょうか。

個人的には宿を開業する上で一番に気になったことの1つがまさにコレでした。ワーキングホリデーが盛んな国では滞在許可証としてのビザをもってるので気軽に合法的に“フリアコ”出来ますが特に色々と規制も厳しい日本だと捕まるのでは……と危惧していました。

この業界では割りとこのフリアコが出来ることを前提に採算を合わせている事業者も多いと思います。外国では普通だから、と違法だと認識すらしていないところもあるかもしれません。宿側はどうしてもベッドの数以上にお客さんを入れられないので、ベッドの数を大量に確保したり人件費などの経費をケチる位しか利益を確保する方法がないからです。

誰も損せずに国際交流出来て相互理解に繋がる良い制度だと思いますが、まぁ正しいことでも違法になるし逆に違法だけど何も悪くないって事実を理解できる良い事例ですね。

外国人観光客がより増えることでこの規制も緩和する方向になると思いますが、日本人だけでなく外国人へもフリアコを現在導入してる事業者にはひとまずは注意が必要なところです。

 - 商売哲学